• トップ
  • 教育内容
  • 教員紹介
  • 資格
  • 進路
  • 入試
  • JABEE
  • CITものづくり

教員紹介

水津 光司 教授 博士(工学)

水津 光司 教授 博士(工学)

略歴

九州大学 理学部物理学科 卒業

九州大学大学院 工学研究科 博士後期課程修了

理化学研究所(2001年4月~2003年4月)

東北大学 電気通信研究所(2003年4月~2006年3月)

名古屋大学 工学研究科(2006年4月~2011年3月)

千葉工業大学(2011年4月~)

趣味・特技

読書

研究分野

非線形光学
テラヘルツ波工学

主な担当科目

光エレクトロニクス
電子回路2, 電子回路演習2

ひとこと

勉強だけでは無く何でもそうですが、楽しいと思えない物に対して嫌々取り組んでも碌な事にはなりません。近代科学はもともと僧侶や貴族の道楽でした。昔の人にとってのゲームです。江戸時代の町民達の間でも算術が大流行し、庶民は数学を純粋なパズルとして楽しんでました。まずは楽しい部分を見つけましょう。そうすれば、自然と身に付き力になっていきます。もちろん個人によって好き嫌いはあるので、自分にあった楽しいと思えるものをぜひ見つけてください。

研究概要

テラヘルツ波という電磁波を研究しています。電波と光の中間に位置する周波数の電磁波です。聞き慣れない言葉かと思いますが、それもそのはずで、人類がテラヘルツ波を実験室レベルで発生、検出が出来るようになったのがほんの20年前です。それまでは電磁波領域で唯一残された暗黒領域と呼ばれていました。私がテラヘルツ波に出会ったのは約10年前ですが、当時は日本にもこの分野の研究者はあまり居ませんでした。逆に言えば、ちょっとした思い付きがそのまま研究課題になる新しい分野です。このテラヘルツ波を如何に効率よく発生させるかという点を主に研究しています。今後どういう方向で研究を進めていくかも含めて、皆さんのアイデアを活かしながら取り組んで行きたいと思っています

研究室の様子

準備中

このページのトップに戻る